「年取ったらな、筋トレなんてせんでも良いねん。」

14724357_907351829398056_8911827455470723069_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


先日のフィットネスクラブでのお客様同士の会話。。。

年の頃なら70歳代ぐらいの高齢者の域に入っておられる方の会話でした。


「筋トレやってたんか?

よう頑張るな!

無理しなや?」

「先生、そうなんや!

足腰鍛えとこうかと思て。」

「もうエエ年なんやから、

無理したらあかんて。

年取ったらな、筋トレなんてせんでも良いねん。」

「そうですか?」

「年取ってから無理したらあかん。」

と言って、その先生と呼ばれてる人はサウナに入りに行かれました。。。


「先生」

て何の先生だろうか?

確か整骨院の先生が来られてると、

先生と呼んでた人が前に言ってたように思う。

と言う事は、この人が整骨院の先生?

(違う可能性もありますが(^_^;))


しかし、

「年取ったら筋トレせんでもええねん!」

て、何処のどの情報なんだろうか?

単なるこの先生と呼ばれてる方が勝手に言ってる。。。

また、自分が筋トレをしない為に、自分を正当化する為に言ってるのではないのだろうか?


ある研究結果で言えば、

年齢90歳以上の方に、

無理のない程度の筋トレをさせたところ、

「高齢であっても、トレーニングをすれば必ず筋力はアップする。」

と言う研究結果が得られた。

と言うのを本で読んだことがある。


逆に言うと、年を取って動かなければ、益々足腰が弱り、

いずれは歩けなくなるかも知れない。

「無理をしたら行けない」

は分かる。

でも、

「年を取って筋トレをしなくて良い。」

のは明らかに間違いだし、なにより、

「足腰を鍛えて、いつまでも元気に!」

と思って筋トレを頑張ってる人に間違った考えを植え付け、やる気を削がないで欲しいものだ。。。


しかし、

「こんな人って世の中には多いのだろうな。。。」

と改めて思う。

これは筋トレに関してだけど、

夢に向かって頑張ってる人に、

「そんな夢みたいな事ばかり言ってないで、

現実を見ろ。

もっと目の前の事を頑張れ。」

と言うのも同じような物だと思う。


これって言ってる人は、

「あんたの為を思って言ってやってるんだ!」

とさも良い人ぶった事を言うが、

心の奥には、

「自分が出来なかった事(または勇気がなくてしてこなかった事)

を仲間だと思ってた者がやりはじめ、成功される事に対しての恐怖・嫉妬」

が見え隠れしている。


本当にその人の為を考えてるのなら、

「行動」を起こした事を褒めてあげ、やる気を起こさせてやるか。

それを言えないのなら、せめて見守ってあげて、

上手く行かない時に助け舟を出してあげる。。。

それこそ、本当に仲間ではないのか?


夢を削ぐもの。。。

よく「ドリームキラー」とも呼ばれているが・・・、


仲間が頑張ってるなら、素直に応援してあげて欲しいと思う。