ケガ、病気をされたインストラクターの方へ!

14724357_907351829398056_8911827455470723069_n

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


Facebookで多くのインストラクターの方と繋がってると、

怪我や病気をされたインストラクターの投稿も読む事がある。

そして、多くはの人は、

「自分の自己管理不足で申し訳ありません。」

とお詫びの言葉を入れておられる方が実に多い。


もちろん、100%本音かどうかは分からないが。。。

私もインストラクターの端くれ。

ケガ、病気をしてしまった場合に自分を責めるインストラクターの気持ちは良く分かる。


私も歩く事が困難な怪我としてふくらはぎの肉離れをした事もあるし、

尿管結石で痛みが耐えられず、救急車で運ばれ、その日のレッスンをお休みした事もある。


その当時からネット上で多少は目立っていた私は、

(当時はfacebookとかはまだなく、主に掲示板でしたが。)


「自分の健康管理なってないよな!w」

「ちゃんと鍛えてないからだよ!w」

「自分の限界を考えず、レッスンやり過ぎ!w」


と叩かれていたのを今でも覚えています。


だからね。。。

怪我をされたり病気になったインストラクターさんに言いたい。


「あなたの責任ではない!」


って!


確かに、ちゃんとケアして、ちゃんと鍛えて、ちゃんと健康管理していたら、

多くの怪我や病気は防げるかもしれない。

でも・・・、


100%防げる訳ないやん!


もし、上のように本気で思ってるのならそれは、

インストラクターの慢心だと思う!


どれだけ鍛えて、どれだけ食生活を心がけたところで、

人は生モノ、歳を取れば老化もする、心が乱れ不注意をする事もある、

何が身体の中に起こってるかなんて分からない!


そして、同時にもう一つ思う事。


「トレーニングさえやっていたら何歳でも仕事が出来る!」

「健康管理さえちゃんとしていれば、いつまでも仕事が出来る!」


なんて、軽々しく言うべきではないのではないか?

とも思う。

それを多くの人が言えば言う程、

ケガ・病気をした人は、


「自分の健康管理が足りなかったんだ。。。」

「自分のケアが足りなかったんだ。。。」

「自分のトレーニングがまだ足りなかったんだ。。。」


と自分を責めてしまう。


どれだけ気を付けていても、どれだけトレーニング、ケアをしていても、

病気になる時はなる。

怪我をする時はする。

最大限気を付ける事は必要だが、絶対防げる事なんてない!


だから自分を責めないで欲しい。

怪我をして後悔をするのではなく、

病気をして嘆くのではなく、

身体をしっかり治す事に専念して欲しい。


身体は生モノ、病気になる時はなる、ケガはする時はする、

そう考えて欲しい・・・


そう言う時にこそ、

身体をしっかり休ませて頭を使う事の練習をして欲しい。


自分の保険を見直すのも良い。

自分の収入源を増やす事を考えても良い。

「お金」と言う物自体の勉強をしても良い。


「自分が動かないと収入が入って来ない」


その仕組み自体を考え直す事もして欲しい。

特に、家族のあるインストラクターの方は。。。


ケア、トレーニング、健康管理以外にも、

自分を守る術はある事に気付いて欲しいのです。


《FANC関西 フィットネスロード13 開催!》

「今までのままではダメ、でも何から始めたら良いの?」

と感じ始めた全ての人の為に。。。

30415610_1246530222146880_7827314185968025600_o

  • 日 時:2018年5月13日(日)第1部 17:00~19:00 第2部 19:00~21:30
  • 会 場:コワーキングスペースBlue+(梅田駅徒歩10分)
  • 参加費:1部3000円 2部3000円 両方受講4000円

講師:村田トオル・肥塚昌幸

プレゼンター:西原亜紀子・宮川晶子

詳しくはここをクリック