みんなが不幸になる方法?

《呟き・・・》

「みんなが不幸になる方法?」

先日あるインストラクターからこんな話を聞いた。

「あるインストラクターの代行をさせて頂いたんです。

代行のレッスンを受けていたお客さんが、代行を依頼したインストラクターに、

「あの先生凄く良くて、みんな良かったと言ってるから、また呼んでね♪」

と伝えたら、

「そうなんですか・・・
もう二度と呼びません!」

と・・・」

また、昨日は昨日でfacebookの投稿で私の友人が、

「キャリア若いインストラクターに、かなーーーーり格下に見られてるな?と思った。」

と言う投稿を読んだ。

別に、キャリアがあるから「上げ奉れ!」とも「尊敬しろ!」とも言わないし、言う気もない。

ただ、同じフィールドで頑張ってる仲間でしょ!

何故、上やら下やら、競ったり、勝ったり、負けたりしなきゃならんの?

言ってもフィットネスクラブのお客様って、たかだか人口の3%。
その3%で奪い合ったり、言い争ったり、何の意味がある?

かと思えば、先日東京に行った際に話をしたインストラクター!

好きなレッスンを「ダンスエアロ」と言ってたので、

「何故、ダンスエアロなの?」

と聞くと、

「エアロビクスって初級・中級・上級ってあって、みんなが一緒に楽しめない。

でも、ダンスエアロだとインストラクターの腕次第で、ベテランも初心者も楽しめるプログラムを作れる。

肥塚さんがやっておられた「一世風靡」のレッスンって、私からしたら「ダンスエアロ」ですよ♪

簡単な動きで、みんなが曲に合わせてダンスを楽しめたら良いんではないですか?」

なるほど、納得した♪

その彼は3%を見ていない。

外の97%をいかに掴むかを考えて「ダンスエアロ」をチョイスしただけ。

逆に私の方が「エアロビクス」を固く考えていて、

「エアロビクスってこう言う物だ!」

と決めつけていたのではないのか?

そう感じた。

私が飛び込んだビジネスの世界。

確かに色々な人がいて、競う事を「良し」としてる人もいるように思う。

でも、私が尊敬する方々は、みんな、

「これからは「競争」ではなく「共創」の時代だよ♪

時には譲ってあげたら良いんだよ!

相手の物を奪うより、その方がみんなが気持ち良くなれるよね♪

それで杯が大きくなったら皆が潤う♪」

フィットネスインストラクターって、私は大好きだ!

みんな将来も明るく、楽しく、過ごせるようになって欲しい♪

インストラクターって、

「人を笑顔にするのが好きな人種だよね?」

なら、何故同業者も笑顔になれるように考えないの?

いがみ合ったり、争ったって良い未来がやって来るとは思えない。

人は争う事の醜さを知ってる。

争う事のデメリットをよく理解してる。

なのに、なぜ争う選択をする?

それって、みんなが不幸になるのではないのか?

仲間、家族、友人、お客様・・・

皆の事を一生懸命考え、みんなを笑顔にする事の方が素敵な未来がやって来るように思いますが。。。

いかが?(^^)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●8/31(金) インストラクターのしゃべり場(FANC関西)
 https://www.facebook.com/events/627373580995832/ 

●9/2(日) FANC関西『フィットネスロード14』(FANC関西)
 講師: 米澤 卓郎 プレゼンター: 吉村 はる美亀崎 一郎
 https://www.facebook.com/events/1570667129906713/ 

●9/9(日) リフレッシュエクササイズ 【KAZE】無料体験会(FANC関東)
 指導: 上田 浩之
 https://www.facebook.com/events/427545897736860/ 

●9/9(日) インストラクターの能力を活かした「仕事の作り方」 東京版(FANC関東)
 講師:肥塚昌幸
 https://www.facebook.com/events/309094526512407/ 

(敬称略)