《呟き・・・》 クラブの中へ…の方が難しい時代?

IMG_1598

皆様いかがお過ごしですか?

FANCの代表 肥塚昌幸です♪

今日も私の独り言に付き合って頂けたら幸いです♪

※私のブログ内容に対して、フィットネスクラブのお客様からの反論はお控えください。 


《呟き・・・》
「クラブの中へ…の方が難しい時代?」
 

ちょっと前の事。。。

クラブの月末処理を私はうっかり忘れていた事があり、
フィットネスクラブから電話があった。

「肥塚さん、先月分の月末処理が行われていないのですが。。。」

私はとにかく、電話で平謝りに頭を下げ。。。
(電話なので頭を下げても見えないのですが。。。(^_^;))

すぐにスマホを取り出して、クラブのサイトに飛び月末処理を行い、
(今までなら、クラブに行って処理しなければ行けなかったのが、今ではスマホで出来る、有難い時代になったと思う。(^-^;)

すぐにまたクラブに電話をかけなおして月末処理した事を告げた。

 
そして、次に仕事でそのクラブに行った際にも、
スタジオ担当者とチーフに月末処理の遅れをお詫びに向かった。

すると、2人からは同じ返答が返って来た。

 
「いやいや、そんなに謝らないで下さい!
ちゃんと処理してくれたらそれで良いんで♪

と言うより、肥塚さんが処理し忘れてる事に私達が驚いてたんです!

どちらか言うと、誰よりもきっちり毎回処理して下さってるんで、

「珍しいね!」

て♪」

 
なんかね。。。嬉しかった♪

「そんなに信用されてるんだ!」

て♪

クラブのスタッフとも話す事があるんですが、
時々こんな話を聞いたりもする。。。

 
「本当にね。。。
正直、頭を抱える事がありますよ。

提出物を

「いついつまでに提出して下さい!」

と言っても、提出してくれない。

挨拶もなく、いつ来たのかも分からないし、いつ帰ったのかも分からない。

でも、自分の言い分だけは言って来る。

まぁ、レッスンだけはされてるので文句言いませんが、

どうなんだろう。。。と思う時があります。」

 
私のfacebookの投稿では何度か書いてるんだけど、

私達のお客様は、スタジオに来て下さるお客様がお客様ではない。

私達がお金を貰ってるのは何処からですか?
 

フィットネスクラブからお金を貰ってるんですよね?

 
と言う事は、私達のお客様は「フィットネスクラブ」だと言う事。

ここを間違ってはいけない。

 
スタジオに来て下さってるお客様は「フィットネスクラブの大切なお客様」

私達の役割は、その「フィットネスクラブの大切なお客様」に喜んで貰い、継続に繋げる事。
喜んで貰い、楽しんで貰い、継続して貰う事。

おそらく、これはほとんどのインストラクターは認識してると思う。

でも、本来のお客様であるフィットネスクラブを蔑ろにしていい筈はない!

 
・提出物は期限までに提出する。

・クラブに着いたらスタッフに挨拶する。

・帰る時も先に帰る事を告げる。

・レッスン時間より少し早めに来て、お客様を出迎える。

・スタジオを使用したら、スタジオ使用前の状態に戻しておく。

・自分の汗で鏡が汚れたら、汗を拭いておく。

・音量を上げた、ピッチを変えたら、元に戻しておく。

などなど。。。

 
社会人としても当たり前の事。

 
この「当たり前」の事をちゃんとやれてるのか?

私が「クラブの外へ!」と言ってるのを読んで時々、

「クラブの中でもまだまだやれる事はありますよ!」

と反論を頂く事がある。

もちろん、その通りだと思います。

フィットネスクラブで私達がやれる事はまだまだあるでしょう。
 

でも、それ以前に、

 
『やるべき事をやってないインストラクターが多いのも事実!』
(もちろん、ちゃんとやってるインストラクターも多くいるのも分かってますよ♪)

「やるべき事をちゃんとやらずに、自分の権利だけを主張する。」

 
そんなインストラクターが多くなったのも、私達が働く場所が減ってる理由じゃないのかな?

 
実際、あるクラブスタッフが言ってたのを思い出します。

「義務である事をやらず、
権利ばかり主張するフリーのインストラクターより、
スタッフを使ったプレコリオを導入した方が言う事を聞いてくれる分やりやすい!」
 

私がセミナーで伝えてる「インストラクターの能力を活かす」には、外に出た方が気付き易い、と。

でも、外に出て社会人としてのルールやマナーなんかも、
いったん外に出て厳しさを味わう必要性もあるのではないか?

私はそう思うんですがね?

そして、ちゃんとやってるインストラクターが割を食う・・・
  

もちろん反論ありきで書いています♪
炎上上等?(笑)